2018年3月9日三島市でオスマン・サンコンさん講演会が開催!

2018年3月9日(金)17:00〜(ショートフィルム上映は18:15〜、講演会は19:00〜)三島市民文化会館大ホールで、タレントのオスマン・サンコンさんの講演会が開催されます。

3月11日が誕生日であるサンコンさん。東日本大震災のときに東北に駆けつけ、多くの支援を行ったそうです。震災以降の東北との関わりや、アフリカの原発事情についてお話してくださいます。

そしてショートフィルム『ふくしまのこえ 子どもたちを守りたい〜県境を超えてつながる母親たち』の上映もあります。2016年3月11日に初上映された約30分の作品で、当時すでに150人を超えていた福島県の子どもたちの甲状腺がんをめぐる問題を記録したドキュメンタリーです。

さらに、ジャパニーズ・レゲエのオリジネーター、ランキンタクシーさんと、サンコンさんのご子息で三島市在住のDJヨンコンさんが、サウンド・パフォーマンスで公演会場を盛り上げてくれますよ!

ランキンタクシーさんは原発や日米地位協定など社会問題を題材とした楽曲を多数リリース。社会派のレゲエDJとしても知られています。「沼津OTO市場」でもライヴを行ったランキンタクシーさん、沼津ぐるめ街道のオドリバマルシェで飛び入りDJをしてくれたヨンコンさん。三島ではどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみですね!

当日は、会場の2階席をお子様席として開放するそうなので、子ども連れでも気楽に参加できそうです。

 

入場料:大人1,000円、学生・障がい者500円

問い合わせ先:3.11を忘れない実行委員会 055-994-9211 shimin_hiroba@ybb.ne.jp

こちらもぜひご一読を!→ サンコンさん三島訪問 3月に講演会、市長と歓談(伊豆日日新聞)

投稿者プロフィール

KobayashiNoriko
KobayashiNoriko
伊豆在住フリーライター/伊豆グルメ研究家。

駿東郡清水町出身。チャリンコで沼津市の某高校に通っていました。
映画鑑賞やバンギャ活動ばかりにうつつを抜かし、落第ギリギリで高校を卒業。その年に上京し、映画雑誌編集部、某ロックバンド事務所での丁稚奉公、寿司屋でのバイト、音楽系雑誌編集プロダクションの編集者などを経てUターン帰郷。フリーランスとして地元新聞社の書籍や雑誌などに取材・執筆・撮影で楽しく携わる。現在はWebサイトや雑誌へ記事・エッセイを楽しく寄稿しております。
学生時代がダメでも、好きなことをやり続けていれば人生なんとかなります、たぶん。でもお金は儲からないです。

昭和レトロ、昭和歌謡、ニチアサを中心とした特撮、インダストリアル(音楽の方)などに対して食指が動きます。