沼津マスターへの道

初めて見た手筒花火の迫力といったら

清水町湧水まつり

こんにちは、火曜日担当の藤井です。毎日暑いですね。さすが夏。もう汗だくとか嫌です。汗かくのは好きですが、なんか見た目が暑苦しいので申し訳ない感じ。風邪も治らないし。咳のしすぎで腹筋が若干痛い。どれだけの咳をしているのか、はたまたどれだけ腹筋がないのか。後者の可能性が高いなあと感じつつもせっかくの夏を満喫しようと、再び花火大会にいってきました^^

本当は門池の花火を見に行くつもりだったのです。ネット情報によれば花火は20時からとかかれていたので、余裕こいてたら外から花火の音。ん??まだ19時30分すぎたあたりなのに。気のせいかと思いながらも窓の外を見ると、夜空には一輪の光のお花が咲いておりました。えええええええ!!?大急ぎで準備して、待ち合わせ場所の友達の家に急行です。はい、着いたら見事に終わってました。なんだか消化不良だったので同じ日に柿田川公園でもお祭りをやっているとのことだったので、友達夫婦と一緒に柿田川公園に行って参りました!!

いつもは昼間に通ると家族連れの方達がのんびりと遊んでいる公園。そこがお祭りだけあって華やかにライトアップされ、出店でとっても賑やかでした。そして念願の花火。途中からだけど見れました!

よーくみないとわからないのですが、これ、手筒花火なのですよ!!私初めて見ました。本当に手で持ってるんですよね(当たり前)熱くないのかなあと皆が思うようなことを思っていたら、旦那さんと友達の旦那さんが「オレ、あれやってくる!!」と人ごみの中に。酔っぱらいの戯言だと思いほっておいても戻ってこない二人。心配になって二人が見に行った方向に行ってみると、何気に良いポジションで花火をみていやが・・・見ていらっしゃいました。

迫力のある花火も終わり、手筒花火を披露してくれた屈強の男達が前に出て挨拶。いや、本当に感動しました。凄い。あんな熱そうなのものを抱えてるなんて凄い。本当に来て良かったです。

DJの女性もいて、音楽と光と花火とでものすごく盛り上がったお祭りでした。

普段湧き水をみたり、木々の中を歩いたりとのんびりすごしている公園が、まるでライブ会場のように姿をかえる不思議さもまた、お祭りならではの感情ですね。他のお祭りの雰囲気も是非味わいたいなあと思った藤井でした。