NUMAiZU - ぬまイず -

株式会社 山一コーポレーション 味工房内観光案内所「NUMAiZU  - ぬまイず -」

成り立ち

東名沼津インターを起点として南に延びる「ぐるめ街道」は、伊豆方面への観光の入り口として位置づけられてきましたが、第2東名・伊豆縦貫自動車道の開通などにより、観光客の通行量が減少傾向にあります。
また、これまでの通貨方観光地から滞在型観光地への転換は、沼津の観光事業の発展においても重要な課題となっています。
そのためには沼津/伊豆の観光情報を積極的に発信していく必要があると考え、東名沼津インター下り線の「味工房」内に観光情報の発信拠点として「NUMAiZU」を設置することとなりました。

コンセプト

「沼津インターで降りて、立ち寄る」という観光客を増加させる事を目的としています。
沼津〜伊豆の各所やイベント、遊びや史跡などの情報を集めてアウトプットすることにより「体験型キュレーション」をアピールしていきます。
同時に店舗内で沼津や伊豆の名物や美味しいものをセレクトして、観光客の皆様により一層このエリアの良さを知ってもらうことも目的としています。
年間トータル20万人前後の立ち寄る「味工房」で発信することにより、県内はもとより県外からのリピーター層を増やしたいと考えます。
また、イメージキャラクターの着ぐるみやグッズを用意することで一般の方への浸透を目指していきます。

ウェブ戦略

同時に沼津市のキュレーションマガジンサイト「沼津市非公式ウェブサイト」を立ち上げ、そこで記事やマップを通じて帰宅したお客様への追体験を用意し、そこからリピーター層を増やしていきます。

もちろん沼津〜伊豆エリアに居住の皆様にも興味をもってもらえるような内容をご用意して地域密着の発信もしていきます。